>富士北麓浄化センター >管理データ


sub menu>>>トップ流域下水道概要案内図平面図|管理データ|

  〜 管理データ 〜

■水質管理関連

表 平成30年度の流入水及び処理水の状況
項 目
単位
検体
4月
5月
6月
7月
8月
9月
水温
流入
18.4
20.0
21.4
23.0
23.9
23.1
放流
19.3
21.0
22.4
24.4
25.3
23.8
透視度
cm
流入
5.9
5.9
6.0
6.0
5.9
6.1
放流
>100
>100
>100
>100
>100
>100
SS
mg/L
流入
150
140
150
150
150
140
放流
1.4
1.3
1.6
1.1
2.0
1.3
BOD
mg/L
流入
150
140
140
130
150
130
放流
2.6
2.1
2.2
2.2
3.1
2.4
窒素
mg/L
流入
25.7
26.5
25.5
24.5
26.1
23.7
放流
5.48
6.70
6.22
6.01
8.47
6.24
リン
mg/L
流入
3.12
3.17
3.02
2.87
3.32
2.47
放流
1.27
0.61
1.39
0.28
0.65
0.50

項 目
単位
10月
11月
12月
1月
2月
3月
基準値
水温
21.5
20.4
18.2
16.0
16.0
17.0
-
22.1
21.2
18.7
16.5
16.7
17.6
-
透視度
cm
6.5
5.9
6.1
6.7
6.6
6.1
-
>100
>100
>100
>100
>100
>100
-
SS
mg/L
130
150
140
120
130
150
-
1.1
1.3
<1.0
1.4
<1.0
<1.0
40
BOD
mg/L
130
150
150
140
140
160
-
1.8
2.0
1.5
2.3
1.8
2.4
15
窒素
mg/L
21.7
26.5
25.6
21.7
24.3
27.3
-
5.21
5.73
5.45
4.00
4.83
5.73
120
リン
mg/L
2.53
3.04
2.88
2.50
3.15
3.16
-
0.71
0.55
0.79
1.16
0.77
0.41
16

○ 用語解説
BOD(生物化学的酸素要求量) 下水中に含まれる有機物(汚れの原因)のことで、この数値が大きいほど水は汚れています。
SS(浮遊物質量) 下水中にただよっている小さな固形物のことで、この数値が大きいほど水は汚れています。
リン リンが湖などの閉鎖性水域に流入し、その水域のリンの濃度が高くなると、植物性プランクトンが大量発生し易くなります。植物性プランクトンが大量発生すると、水中の酸素が少なくなり、魚などの水生生物が死滅します。これを富栄養化といいます。
窒素 窒素もリンと同じく富栄養化の原因物質です。

 

■水処理・汚泥処理関連

<< Back <<


[Home]

 
Copyright(C) 2002 Yamanashi Prefectural Sewerage Public Corporation. All Rights Reserved.